公式サイトをまだ見ていない方は
↓↓↓↓↓↓ こちらからどうぞ ↓↓↓↓↓↓

植物プラセンタ、穂のしずくでイライラ・老化を食い止めたい。

  • プラセンタといえば、豚や馬など動物性のものを想像しますよね。でも正直、安全性が気になり効果はあっても試すのに躊躇してしまいませんか?

    私も少しプラセンタに抵抗を持っていた一人。でも探すと植物性のものがあると発見!

    それがこの穂のしずくでした。動物性とどう違うか?どんな効果があるのか?をお伝えします。

    公式サイトを見ていない方はこちらからどうぞ♪
    ⇒穂のしずく公式

植物性プラセンタ「穂のしずく」ってどんなサプリ?

  • 穂のしずくはドイツ出身のリームシュナイダー博士が故郷の大自然の中で生まれたライ麦を主原料として開発したサプリメントです。

    ドイツ国内の医薬品の製造及び品質管理に関する基準をクリアした工場でライ麦からプラセンタの抽出を行っています。

    ライ麦

    抽出されたプラセンタは空輸で日本へ運ばれます。植物性プラセンタ穂のしずくはライ麦から抽出されたプラセンタ、スイス産のレッドクローバーから抽出されたイソフラボン、えごま油、カカオ、ザクロエキスなど美容効果が期待できる成分が含まれています。

    植物性プラセンタ穂のしずくには女性ホルモンと同じ役割を果たす効果がありイライラや情緒不安定な心を和らげて、さらにお肌に透明感を出します。

動物性のプラセンタとどう違うの?

  • プラセンタは動物性と植物性があり、どちらにもアミノ酸が含まれています。

    植物プラセンタはアミノ酸やミネラルがたくさん含まれていますが、自然由来からできている為安全性はとても高いです。

    植物性プラセンタと動物性プラセンタを比べると植物性プラセンタの方が多くの遊離アミノ酸を含んでいます。

    遊離アミノ酸は通常のアミノ酸よりも体への吸収率が高いので多くのアミノ酸を体内に入れることができます。

    さらに、穂のしずくの成分であるレッドクローバーから抽出されるイソフラボン(プラセンタ)は女性ホルモンと同じ役割を果たしてくれます。

    植物性プラセンタは動物性プラセンタのように細胞を成長させることや増殖させることはできません。

穂のしずくって自律神経失調症にも効果があるの?

  • 植物性プラセンタ穂のしずくには自律神経失調症を和らげる効果が期待できます。

    自律神経失調症

    レッドクローバーから抽出されるイソフラボンには大豆に含まれるイソフラボンより8倍も含まれています。

    このイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と同じ役割をしてくれます。

    崩れたホルモンバランスを安定させて自律神経をコントロールします。

    さらに他、植物性プラセンタには体に必要な栄養を補って調整機能や自律神経系のダメージを和らげてくれる大事な役割があります。

穂のしずくのクチコミはこんな感じでした。

  • 穂のしずくの口コミ評価はとても高いです。

    の悩みやホルモンバランスを整える事を目的として飲まれる方が多く、穂のしずくを飲み始めてから生理周期が整った、生理前は情緒不安定でどうしようもなかった方も穂のしずくを飲み始めて良くなったとの口コミがありました。

    中には更年期障害の緩和の為に飲み始めて少しずつ効果を実感している方もいました。

    ただ、ネットでしか購入することができないのが残念という口コミもありました。

おすすめできる人・できない人


  • こんな人におススメ!

    動物性プラセンタが苦手な方は植物性プラセンタ穂のしずくをおススメします。植物性プラセンタは自然由来から出来ている為、副作用や炎症を起こしてしまうこともなく安心して服用できます。

    ホルモンバランスが崩れて自律神経にダメージが起きやすい人におススメです。植物性プラセンタがホルモンバランスを整えてくれます。更年期障害もホルモンバランスの崩れからなのでお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか?

    こんな人にはおススメできません。

    穂のしずくは植物から抽出されたプラセンタで作られている為、ホルモンなどの副作用が心配されるものは配合されていません。なので、どなたでも飲んで頂けるものです。

    しかし、疾病、通院されている方、特定の服薬を飲んでいる方はお医者さんに相談してからの服用をお勧めします。 また、妊娠中、授乳中の方も服用をお控えください。

穂のしずくを最安値で買うには?モニター情報も。